沖縄県出身者のキャリア~大企業へ就職~

高専、大学、大学院を経て大企業に就職した経験から、勝手にアドバイスするブログ

【失敗談】不動産取得失敗しました。スピード感が大切

f:id:NY-okinawa:20200818050517p:plain


でんです。

ここ数ヶ月、不動産取得に向けて毎日奮闘してきましたが、昨日不動産会社から連絡があり、「現金での買い付けが決まりました」と連絡がありました。スマホの画面2度見してポケットにしまってもう一回出して、じっくり読みなおしました(笑)。

 今回はもう一歩のところで取得に失敗したことを備忘録として記録に残しておきます。これから不動産投資始める方に参考になれば幸いです。

目次

 

6月中旬:不動産会社からのメール

「未公開物件が出ましたので紹介します」
と不動産不動産会社からの連絡がありました。正直、楽待などのポータルサイトで資料請求しまくって、数社の不動産会社から毎日1~2通そういうメールが来てたのであまり期待していませんでした。さーっと添付の資料見ると

RC 築33年 4000万 満室利回り14% 現在満室 9戸中7戸リフォーム済み

自作のシミュレーションのエクセルで計算すると、キャッシュフロープラスで回る計算。初めてでした。10年後の大規模修繕のタイミングで資金が枯渇しそうなシミュレーションでしたが、やってみたいと思いました。翌日には追加の資料を送付してもらって、おおむねすべての疑問がクリアになった1週間後に買いたいですと不動産会社に連絡。

 

とりあえず、不動産会社に丸投げ

メールには、地元の信用金庫で融資が引けるかもしれないと提案されていたので、不動産会社に丸投げしました。1週間くらいで「金融機関すべてダメでした。購入されるならば公庫があります」と連絡いただきました。住宅ローンが30年以上残っている私は、属性が良くないことはわかっていましたが、融資のことよりも、不動産の勉強してました。ここで先に融資のことを調べていればと後悔しています。

 

7月中旬:公庫に相談・・・何も進まず

不動産会社に公庫の提案をされ、そこから調査して、7月中旬に資料揃えて意気揚々と公庫へ相談へ行きました。・・・しかし、この日はほんとに20分程度の相談だけ、、何も進まず。そもそも申し込みを出してから始まると言われました。法人でやるなら法人の登記完了していないと進まないと。個人でやるか、法人でやるか悩みましたが、今後拡大のことを考えて法人でやることにしました。(まだ一棟も不動産持っていないのに何言ってんだて感じですw)

 

7月下旬:法人設立・・・2,3日でできるはずが2週間

法人設立は調べると2,3日でできるとどこかで見ていたので、余裕だと思っていました。それはある程度知識がある人だということに気づいたのは本格的に調べ始めてからでした。知らない用語多すぎて1つ1つ調べて進めました。結局法人の設立には2週間かかりました。(法務局での登録などがおよそ5日くらいかかりました。これはだれがやっても一緒です)

 

7月末:公庫に申し込み・・・8月頭に面談の連絡

法人登記完了日に合わせて、公庫に申し込みの資料を用意しました。その日には登記簿謄本発行して、速達で送付しました。その後一週間くらいで公庫の担当者から面談日程の連絡がありました。「今日でも今週でもすぐいけます!!」と回答しましたが、「追加で必要な書類もあるので最短でも来週からしか。。。」と言われ次週に持ち越しになりました。

 

「買付決まりました」の連絡

お盆明けでなかなか集中できず勤務していた昼休み直前に「例の物件買付決まりました」とメール連絡ありました。その日は心の中で「くそー!!」て100回以上叫びました。実は、法人の準備している時7月中旬ごろに「ライバル出現」と不動産会社から連絡がありました。しかも不動産会社で現金の買付検討中とのことでした。そこで一旦オワタおもいましたが、やれるだけやろうと思っていました。いざ、ダメになったと連絡いただいた時は、ほんとに悔しくて一旦やる気ゼロになりました笑

 

学んだこと

1.法人設立は時間がかかる(2週間)

書籍、ネットでは法人設立(合同会社)は2,3日あればできると書いてありますが、実際には2週間かかります。資料の準備がすぐ終わるという意味です。しかも初めてだと、知らないことが多すぎて調べることに時間がとられてもっと時間がかかります。

 

2.金融公庫は申込書を出してから始まる

金融公庫はネットから相談の予約ができるのですが、これは、ほんとに相談だけで、何も進まないです。融資申込書と必要書類を提出してからがスタートです。しかも必要書類なんかは電話でも聞けるので相談はやる必要なかった後悔してます。また、コロナの影響で通常融資まで3~4週間のところ、2ヶ月かかると言われました。実際のところはわかりませんが。。

 

3.手付金出しておけばよかった

何かしら、持っていかれない方策を取っておくべきだっと思います。その一つが手付金です。現金は可能な限り残しておきたかったので、考えてもいませんでした。今回の場合相手がおそらく現金で買付しているので勝ち目がないですが。。

 

4.書籍やネットの情報を鵜呑みにして時間の見積が甘かった

今回の最大の失敗と思います。法人設立、融資審査など初めての場合時間がかかります両者合わせて1.5~2ヶ月くらいかな。ネット情報はスムーズに進んでのレベルと考えておいたほうが良いです。初めてなので2倍時間かかるくらいのほうが良いのかと。

 

まとめ【やってみない時間が見積れない】

やってみないとわからないことが多すぎて、無駄に時間がとられて不動産取得失敗しました。不動産で融資引くなら審査なんかでとても時間がかかるみたいなので、物件探しも併せて、金融機関の開拓も進めておくべきと思いました。
今回初めて、ここまで進みました。またいろいろ振り返って、改善して次のチャンスは掴みに行きたいです。

 

最終更新日:2020年8月18日